電話アイコン
メールアイコン
サービス紹介 特徴 イベント・セミナー お客様の声 コラム スタッフ紹介 お知らせ よくあるご質問 採用情報 会社概要
LINEで相談 MAILで相談

column

コラム

50歳からはじめる相続・生前対策

人生100年時代、50歳というとまだ半分かもしれませんが
実は50歳から相続・生前対策を考えておくことで様々な選択肢や対策をとることができます。「相続」といわれるとまだあまりピンとこないご年齢かもしれません。【相続対策】というと資産家の方だけのお話かと思われる方もいらっしゃいます。

相続は、【ほとんどすべての方】に起こりうることです。
そして【相続対策】はご家族の将来の関係性や資産の保全を円滑におこなうために先手、先手で対策をすることが大切です。

【相続対策】はどのような種類があるのか?
①遺産分割対策
②節税対策
③納税対策

この3つの対策が必要になり、様々な専門家がかかわることになります。相続にかかわる専門家の方は、例えば相続税がどの程度かかるかを計算する税理士。遺言書の作成や相続人の調査は司法書士と行政書士のどちらでも業務を行うことができます。しかし、たとえば不動産の相続に関わる不動産登記は司法書士、遺産分割協議書の作成は行政書士、と分けられており、相続案件全てを担当することはできません。

【相続コンサルタントの役割】
①各専門家と協働して課題と対策を明確にする
②全体像・ご要望を把握して最適な資産継承プランを設計する
③必要な対策を実行を支援する
④定期的にモニタリングして改善をする

窓口を【相続コンサルタント】に窓口を一本化できることで、ご相談者様の手間を軽減、また場当たり的な解決策や例えば節税対策や税務対策だけに偏った解決策にならないようにサポートをします。

【50歳からはじめられる生前対策・相続対策】
①ご両親からの相続対策・生前贈与
②ご自身の資産形成・節税対策
③お子さん・お孫さんへの贈与

多くの方が、相続対策を点でとらえていらっしゃる方が多く一次相続の対策に終始することがあります。ご家族の資産を親の代、子の代、孫の代にどのようにバトンをつないでいくかという視点をふまえてどのような対策ができるのか、まずは視覚的に見える状態にさせていただき、その上でご判断・意思決定していただける土壌をご提供できたらと思います。

CONTACT

お問い合わせ

マイホームの相談ができる
LINEアカウントです♪
お友だちに相談する感覚で
お気軽にご相談ください。

LINEでお気軽にお問い合わせ